■□■ 仕入入力 ■□■

仕入入力

【概要】
 ・データの新規作成、修正、削除を行います。
 ・注文書発行後の仕入入力と、注文書未発行の仕入入力の2方法の入力が可能です。
 ・内訳区分により各種取扱いが可能です。
  内訳区分=仕入、返品、値引、赤伝、黒伝、金額調整(消費税計算せず)、消費税調整、
  消費税(伝票単位の消費税の時のみ使用)
 ・在庫管理が稼動時は入庫データが自動作成されます。
 ・仕入入力の注番単位の修正、削除が可能です。(発注残データの変更は行われません。)
 ・単価区分により仮単価の取扱いが可能です。
 ・発注数量より納入数量が多くても少なくても、完納の取扱いができます。
 ・材料などの取扱いで数量当たりの単価でなく、重量当たりの単価で取扱うことも可能です。
  (仕入重量に数値を入れる事により、自動で取扱いを行います)


Copyright(C) Total System Consultant Inc. All Rights Reserved.
Close